ミスiD2019ファイナリスト

238
スマホには人格がある。絶対。〜私が雇ったスマホたち〜

スマホには人格がある。絶対。〜私が雇ったスマホたち〜

私はスマホを変えるのが大嫌いだ。だってとにかく色々面倒臭い。やれラインの移行やらその他パスワード入力やら一個一個やんなきゃいけないし、おまけに私は機械音痴なので必ずなんらかのトラブルに見舞われ、電気屋に問い合わせる羽目になることが多い。それになによりスマホは高い買い物だ。 だから私はスマホ一台を壊れる寸前までしつこく使う傾向にある。そして、だからなのか自然と愛着が湧き、スマホに人格を感じるのだ。 今回は私のサポートをしてくれたスマホ達を紹介しようと思う。 初期に使ってい

10
『殴り書き超超超自我』

『殴り書き超超超自我』

ミスiDを受ける以前とか とにかく全然自分のことがわからなかった。わたしはわたしが偶像だった。つまり 自分について考えることがあまりなかった。学校や親から言われ続けた「優しくていい子ね」はそうゆうことだろうと思っていた。おねだりなんてできなくて母にお菓子を頼むときはチロルチョコばかりねだっていた。少食なのに人が残したものはできるだけ食べて家に帰ってお腹を壊した。皿洗いとか掃除は徹底的に手伝った。はじめて自分にできた仲良しの女の子のすごいところを勝手に褒めて褒めて褒め称えてわた

14
女子トイレはなぜ混むのか。

女子トイレはなぜ混むのか。

男性トイレは空いているのに女子トイレは長蛇の列。いい加減うんざりする。なぜなのだろうとふと思ってグーグル先生に聞いてみた。 「女のトイレは個室だからスペースとるし、男性はチャックを下ろすだけだけど女性は服装によって様々だし、何より居眠りをしたり、電話したり、メイクしたりするマナーの悪い人がいるから混みやすい。」 というようなことが書いてあった。 私はたまに新宿駅のトイレを使うのだが、女子トイレの個室に入ると色んなものが落ちていて驚く。 一番多いのは食べ物の袋。トイレで

10
カウントダウン

カウントダウン

わたしにとっては誰にも教えたくないくらいの思い出が君にとってはただの生活のうちの通過点で悲しくなったいっしょに使った食器の柄とか部屋の隅っこに落ちてた漫画とか誰にも話さないでわたしから離さないで自分の心のなかに閉じ込めてたのに君はみんなが見られるSNSに何の気なしにあげててそれがつらかった特別の数は更新されないどんどん減っていくだけなのに君の毎日や君の特別はわたしが見えないところで増えていく みんなが見てない部屋の半分だけわたしのものでありますように 誰にも言わないわたしの特

12
やりたいことがなくても、生きていけるよ -いとうさんのお悩み相談室vol.1-

やりたいことがなくても、生きていけるよ -いとうさんのお悩み相談室vol.1-

みなさんこんばんは、 いとうさんのお悩み相談の開設いたします、 まずはお悩み、ありがとうございます。今日のお悩みはこちら 大学三年生です、将来の夢が決まりません、どうしたらいいでしょーか?したいことがあまりないので迷ってます、ちなみに、沖縄県ですぼく、 ミレニアル世代の代表のようななお悩みが来ましたね、 大学3年生か…、そろそろ就活という競争が目の前に迫ってきてクラスも友人も受けている会社やインターン行った行ってないみたいなことでギスギスしてくる時期ですね、 普通

24
今日秋なのに暑い

今日秋なのに暑い

このあいだまでは苺だらけだったのに近所のコンビニのスイーツコーナーはいつのまにかさつまいもだらけだった 好きになってから多分二回目の秋で、君から返事が来る秋をわたしはまだ経験してない スイートポテトが似合う丸顔な女の子と過ごしてる以外だったらなんでもいいけど、だってわたしは芋も栗も苦手だし、君の好みの顔じゃないから お酒のせいでも頑固なのに遊んでるだらしなさのせいでも、君からの可愛いだけを何パターンも覚えてる わたしが好きなかわいいアイドルの子の名前を言ったら似てるって言って

19
好きな人に「かわいい」と言われたいあの子へ

好きな人に「かわいい」と言われたいあの子へ

恋する女の子応援隊出動。 質問箱に寄せられた恋の相談について240字程度じゃ収まりきらんのでこっちで答えます! ⚠️男子はみちゃダメだよ これがね〜届いたんですよ。 あのもうね、好きな人に「かわいい」と褒められたい気持ち死ぬほど分かる〜〜〜〜。困り。分かりすぎて困り。 ただ、恋愛関係に発展しない関係性は本当にキツイと思います。これから私が言うこともキツイかもしれないです。 だから取捨選択してくれたらなと思うし全然あてにならなかったらスルーしていいし、これは良い!と思っ

2
ミスiD2019「復活戦」ルール追加について

ミスiD2019「復活戦」ルール追加について

ミスiD「復活戦」について。 この「復活戦」をCHEERZでやることについては、二ヶ月近いセミファイナル期間でかなり丁寧に見てきた選考の後、なので、実施するとしたら「一発勝負」じゃないとそれまでのセミファイナル期間の意味がなくなってしまう、という考えに依ってます。 ちなみに昨年の「復活戦」では、末原玲衣が1位抜けしました。が、デッドヒートで破れた2位のさやかも、悩んだ末にファイナルに追加で上がりました。「チア数」を競う戦いの中で、それ以上に彼女の人間的な面白さが見えてきて、

7
CHEERZでのテーマ「私の考えるギリギリエロ」について

CHEERZでのテーマ「私の考えるギリギリエロ」について

〜すごく自分の中で女性が肌を見せることについて否定も肯定もできない。答えが出せない。ということについてnoteに書いたらすごく自分にとってホットなCHEERZテーマを投稿しろだとよ。〜 というわけで以下はCHEERZで投稿した内容です。今回のCHEERZのテーマに関して批判的な立場です。↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ CHEERZでなにかまじめなこと書くつもりもなかったし、すごい悩む。私の中でも「エロ」及び「女性が積極的に肌を見せる」ことについてはほんとに答えが出せてない部分が

6
自分10代の人生を検討する

自分10代の人生を検討する

10代ー学業、家族、友達、恋愛関係、思春期… 私は今年から20代に入った。今のところ10代の自分を紹介する。 10代はほぼ青春だなぁ。中学とか、高校とか、私にとってはこれは私の青春だ。10代に入った後、いろいろなことを学んで、いろいろな感情を気づいた。特に、思春期のことだ。小さい頃は親の言葉が絶対だと思っていたが、中学から、どんどん自分の考えが増えて、自分の思い通りに生きたい。自分が信じていることは必ず正しい。お母さんの考えは絶対間違う。親と喧嘩する時が急に増加した。10代の

5