マガジンのカバー画像

ミスiD2019ファイナリスト

96
運営しているクリエイター

#日記

平日に読む、

疲れ切った平日夜に読んでほしい本たち 月曜日おやすみなさい、また明日 明日は月曜日、 ちょっと憂鬱な日ですね、  そんな時に読んでほしい本が遠藤周作のぐうたら人間学です これは狐狸庵(遠藤周作の一人称)先生が日頃感じているエッセイ集 読んでいると本当にくだらなくてふふっと笑ってしまうことが多い文章です、とある学生の尿検査の試験管に焦げ茶色の物体が詰まってきた話とか…狐狸庵先生の日記みたい、 なんだか人生こんなに息を抜いて生きてもいいんだな、と感じさせてくれる本です 

スキ
12

人間が第三類医薬品になるまで

私は死んでいます。既に人間では無い何かへ変わってしまいました。それがたまたま第三類医薬品だったのかも知れません。 また死ぬでに伝えときたいことあるから書くね 2000.03.24 静岡にて産まれる。 病院で取り違えられそうになる。父親は母親に母体ともに死ねと言い放ち家出。 2007.04.10 いじめられる。蓮太郎死ね。歌と絵が好きになった。生け花を始める。 まだ友達いた。 2011.04.10  裏切りを知る。友達1人もいませんでした。クラス全員から名前を忘れられ

スキ
2

不器用な人が年相応に悩んでるだけで、メンヘラ扱いされてしまう世界で。

恥ずかしい話、学生時代の私は自分のことをもっともっと特別なんじゃないかって思っていました。でも、当たり前に、社会に出ると思っていたよりもずっと私は何者でもなくて。 最近ずっと、どうして私はミスiDに出たんだろうって考えてるんです。どうして出たかったんだろうって、最近いろんなものを見失いがちになってしまっていて。 私はホステスをしているけど、出勤するたびに「どうせダメだよ」って冷ややかな目で見られる中で、「まだそんなことやってんの?」って失笑される中で、時々、私のことを応

スキ
24